TBS系特撮ドラマ「ウルトラセブン」の55周年記念セレブレーショントークイベントが1日、東京・TOHOシネマズ池袋で行われた。この日は、1967年(昭42)に第1話が放送された記念日だった。

主人公のモロボシ・ダンを演じた森次晃嗣(79)は、68年9月8日に放送された、最終回の第49話「史上最大の侵略 後編」で、ダンがウルトラ警備隊の同僚アンヌ(ひし美ゆり子)に告げた名ぜりふ

「アンヌ 僕は 僕はね 人間じゃないんだよ M78星雲から来たウルトラセブンなんだ」

を生披露。その上で「55年たつと、だんだん記憶が薄くなる。やっぱり『史上最大の侵略』は前後編。最後でドラマチック。体に染み込んでいるセリフだね」などと語った。

撮影当時の思い出を聞かれると「記憶にございません、というわけにはいかないので。朝5時に起きて(撮影に)通っていた。撮影は過酷ですよ。若かったから出来た。休みは九州、北海道にイベントに行っていた。マスク、ユニホーム、全部、鞄に入れて。切符を渡されて、休みの日に行かされる。僕だけ休みがない。1年、ずっとウルトラセブンでした」と振り返った。その上で「隊員たちの中では、後ろ向きでは悪いけど、少し離れた方がいいかな…というところがあった。僕がお金ないの、分かっているし、飲みに誘われるんだけど、あまりみんなと仲良くしない方が、いいのかなと。普段のものって、映像に出るんですよ。宇宙人的なことが(誘いを断ることで)出来ると思った」と、人間ではないダンを演じるにあたっての、役作りについても語った。

森次は「初めに放送された日と、全く認識せず、55年たったんだと。20代に作った作品で壇上に立てるとは思っていなかった。皆さんに、いつまでお会いできるか分からないですけど、60周年まで、まだまだ元気でいたいと思います。周りの仲間が1日と1日と、亡くなっています。寂しいですが、セブンがある限り元気に頑張りたい」とあいさつした。

この日は映画「シン・ウルトラマン」の樋口真嗣監督(57)「ウルトラマンZ」オオタユカ役の黒木ひかり(22)が登壇。声優の関智一が司会を務めた。