築地場外市場のつくだ煮店「諏訪商店」のおかみさんとしても知られる、女優でタレントの牧野美千子(59)が22日、日、芸能事務所「ジャスティスジャパンエンターテインメント」に所属したことを発表した。

牧野が芸能事務所に所属するのは38年ぶり。

牧野は1984年(昭59)にテレビ朝日系戦隊ドラマ「超電子バイオマン」のヒロイン、ピンクファイブ役で女優デビュー。ドラマ、映画出演のほか、テレビのリポーターなど務め、85年にはシングル「テラスでDAY DREAM」でアイドル歌手デビューも果たした。

だが、86年に引退して、89年(平元)に結婚した。99年に夫が家業である東京・築地場外市場のつくだ煮屋「諏訪商店」を継ぎ、5代目女将(おかみ)として注目を浴びた。

09年に特撮のイベントに出演したことをきっかけに芸能活動を再開。女優として映画「学園探偵薔薇戦士」シリーズなどに出演したほか、特撮時代の仲間と一緒にイベントを開いていた。

今まではフリーで活動していたが、今後は芸能活動を本格的に再開する。かつて「ウルトラマンA」(TBS系)でTAC(超獣攻撃隊)の隊員役で活躍した特撮出身俳優の佐野光洋(73)が所属していることから、ジャスティスジャパンエンターテイメントと契約した。

牧野は、「このたび、ご縁いただき、ジャスティスジャパンエンターテイメントに所属することになりました。かつて志半ばにして芸能活動から退き、大学復学、築地の仲卸『諏訪商店』に嫁ぎ、そこからは育児、店の立て直しにと夢中で人生を歩んでまいりました。子育てを終えた頃、ひょんなことから参加した特撮イベントで久々の公に登場し『元ヒロインの築地女将』としてメディアに登場。かつての皆さまとのご縁も復活し、芸能活動を再開いたししました。人生の終盤戦、いま一度のチャレンジをと思っております。どうか皆さまよろしくお願いします」とコメントしている。