英歌手アデル(35)が10日に米ラスベガスで行われた常設公演で、翌日に同地で開催される米ナショナルフットボールリーグ(NFL)の王者決定戦を観戦する歌手テイラー・スウィフト(34)に対する批判を一蹴した。カンザスシティー・チーフスのTEトラビス・ケルシーと昨夏から交際しているスウィフトは、スタジアムで観戦する姿が毎週末目撃されて話題を集める一方、試合以外のロマンスが話題になることを快く思わない一部NFLファンからは批判の声が上がっていた。

試合そっちのけで応援するスウィフトの姿をカメラが追う熱狂ぶりを不満に思っているファンに対し、「テイラーが試合を観戦することに文句をいう人は全員、クソみたいな人生。彼は彼女の恋人なんだよ」と言及。サンフランシスコ・49ersに勝って欲しい気持ちもあるが、「テイラーの恋人がいるから、チーフスに勝って欲しいと思っている」と話すと、会場からは大歓声が上がった。

ちなみに、スーパーボウルの中継では、普段よりもスウィフトが画面に映る機会が少ないと感じたファンが多く、「試合中継にテイラー・スウィフトの姿を映すのをやめるよう求めていたけど、ようやく彼らは要求を聞き入れてくれたみたい。でも、(負けている)チーフスを救うには彼女にカメラを向ける必要があるかもしれない」と、ラッキーナンバーの13度目の観戦となるスウィフトが勝利の女神になる可能性を皮肉るユーザーもいた。また、「やっと5秒だけ画面に映った」「NFLはテイラーのファンを失ってもいいの?」などネットにはさまざまなリアクションが寄せられている。(ロサンゼルス=千歳香奈子通信員)