「全力少年」「奏(かなで)」のヒット曲で大人気の音楽ユニット、スキマスイッチの2人が22日、フジテレビ系「ぽかぽか」(月~金曜午前11時50分)に出演。今年で結成20年になるが、これまでに解散危機もあったと述懐した。

MCハライチ澤部佑(37)から「がっつりあるんスか危機が」とふられてキーボード担当の常田真太郎(45)は「長いんでねぇ」とボソリとしゃべり、ボーカル大橋卓弥(45)が口を開いた。「お互いソロ活動した時期もあった。それが明けて『スキマスイッチに戻ろう』となったときに、ボクは表に出続けていて、シングル出したり、アルバム出したり、コンサートやったりした」。

続けて「シンタくん(常田)は裏方の仕事を中心にやていて、1年間限定でソロ活動って決めていた。戻ろうと思ったときに(互いの)温度感が全然違っていた」と語り「ボクはけっこうグイグイ前に行く感じで、シンタくんは『もうちょっとゆっくりやろうよ』って。そこでけっこう話しまして」と2人の間にできたミゾについて話した。

ユニット結成から6年が経過していた。東京・三軒茶屋の喫茶店の個室で「じっくり話そう」として約5時間話した。大橋が「それまでたまりにたまっていた。とにかく思っていたことを全部話し合うということにした」と話した。木曜レギュラー島崎和歌子(50)が「えっ、シラフで?」と質問すると、常田が「もともと、ボクが飲めないんで」と返して、島崎が「それって、1番きずつきますよね」と受けると常田は大爆笑した。