NHK連続テレビ小説「ブギウギ」(月~土曜午前8時)の第21週「あなたが笑えば、私も笑う」振り返りが24日に放送された。

※以下ネタばれを含みます。

スズ子(趣里)は、タナケン(生瀬勝久)と映画の撮影の仕事をすることになる。しかし、愛子はおてんばで撮影所で迷惑をかけ、ついにはけがをして撮影を止めることになってしまう。一方、りつ子(菊地凛子)は、自身の歌う歌に納得できないステージが続いていた。そんな折、スズ子とりつ子のもとに記者の鮫島(みのすけ)がやってくる。2人は鮫島の口車に乗せられ、対談を行うことになり、言い合いとなってしまう。

第22週「あ~しんど♪」の来週予告も放送された。

大野(木野花)がスズ子(趣里)のもとにやってきて半年、愛子もすっかり懐いている。これまでヒット曲を飛ばして来たスズ子は、これまで以上のヒット曲を求められ、羽鳥善一(草なぎ剛)とともに悩んでいた。

サッカー元日本代表FW三浦知良の長男で俳優三浦獠太(26)が、「ブギウギ」に出演することが発表されている。

朝ドラ初出演の三浦は、趣里演じるスズ子のマネジャー山下のおいで、新人マネジャー候補としてスズ子に紹介される。

三浦とみられる人物が「やる気、あります」と話すシーンもあった。

X(旧ツイッター)には「『買い物ブギ』は名曲」「いよいよ来るか、買い物ブギ」「大野さんは木野花さんやからええんや」「よかった。鈴子が頼れる人に出会えて」「お花の障子はグッとくるよね…」「来週出てくる男子は三浦カズの息子か」などとコメントが並んだ。

同ドラマは109作目の朝ドラで、趣里が戦後の大スターで「ブギの女王」笠置シヅ子さんをモデルにした主人公鈴子を演じる。大阪の下町にある小さな銭湯の看板娘が大阪・道頓堀にできた少女歌劇団へ。戦争の苦難を乗り越え、スターへと駆け上る姿を描くオリジナル作品。

主題歌の「ハッピー☆ブギ」は、ドラマの音楽担当でもある服部隆之氏が作詞・作曲。EGO-WRAPPIN’のボーカル・中納良恵、シンガー・ソングライターのさかいゆうと、趣里が歌唱。語りは「朝ドラ送り」で人気を集めた高瀬耕造アナウンサーが務める。