タレントでデザイナーの篠原ともえ(44)が24日までにインスタグラムを更新。春らしい着物姿で東京都松屋銀座で開催中の「銀座名匠市」を訪問したと報告した。

篠原は「しのはら『銀座名匠市』へ 日本全国およそ100の産地から伝統的工芸品が集うイベント『銀座名匠市』が開催。工芸のお祭りのように賑わうロゴは、グラフィックデザイナー佐藤卓さんのデザイン」とイベントを紹介。続けて「しのはらのMY着物は新潟県十日町で誂えた桶絞り(おけしぼり)会場ではお着物はもちろん選りすぐりの逸品が勢揃いします」とし、自身の着物を紹介し着物姿を公開。篠原は「銀座名匠市」のパネルを背景に、春らしい着物淡いピンク色の着物に実を包んでいる。

篠原は「ぜひこの華やかな賑わいをご堪能くださいませ。28日(水)まで開催中です 会場を巡ったインスタLIVEの様子アーカイブもございますっ」とイベントを告知し、フォロワーに呼びかけた。

全国伝統的工芸品祭「銀座名匠市」は28日まで東京都松屋銀座8階イベントスクエアで開催される。