「自分を大蛇丸と信じて止まない一般男性」シリーズで人気を集めるユーチューバーのとっくん(30)が、誹謗(ひぼう)中傷の書き込みに開示請求をかけた結果にショックを示した。

とっくんはデスコアバンド「HOTOKE」のサポートドラムとして音楽活動もしている。25日、「ちょっと抱えきれない」とX(旧ツイッター)のサブアカウントに投稿。「誹謗中傷の開示請求したら、同じ界隈の元ドラムだった。面識は無いけど名前は知ってるバンド。怖すぎるってマジで」「同じ界隈のバンドの元ドラム」と業界の近い人間が“犯人”だったことを明かした。「一緒にライブしたことはないけどこれはグロい。世の中知らない方がいいこともあるんだなマジで」とショックを示し、「いやもう5年も動画投稿続けてたら耐性はつくもんだけど、これは別だろ。凹むというより引いてる。中傷内容に本人の背景が追加されてめちゃくちゃグロテスク」と動揺する心境を吐露した。

とっくんは、「自分を大蛇丸と信じて止まない一般男性」と題した料理動画のシリーズで人気を集めるユーチューバー。2018年5月に開設した公式ユーチューブチャンネルの登録者数は60万人を超える。