俳優渡辺謙(64)が25日放送の日本テレビ系「ニノさん」のスペシャル番組「ニノさんとあそぼ」(日曜午後7時)に出演。03年公開の米映画「ラストサムライ」のオーディション秘話について語った。

ニノさんとあそぼでMCを務める嵐二宮和也からラストサムライについて、オーディションを受けたかを聞かれ、渡辺は「受けた。200人くらい受けたのよ。俺の役で」と口にした。当時のオーディションについて「『どんな映画が好きなの?』とか『どんな俳優が好きなの?』とか世間話を15分くらいした」と語った。

続けて、2次オーディションの前日にマネジャーからオーディションの知らせを聞いたといい「その日に俺堺正章さんとゴルフしてたの。ゴルフしておでん屋で日本酒もガンガン飲んで、すごいベロベロになっている時に電話かかってきてマネジャーから。『明日帝国ホテルでオーディションやるんですけど来られませんか?』明日は行かないよーって。で、うちに『台本をファックスで送ったんで覚えてください』って。無理」と驚きのエピソードを披露した。

その上で渡辺は「で、もう覚えらんないから、とりあえず読むだけって言って。翌日行った。そんな感じ」と明かした。

◆ラストサムライ 03年12月に日本公開された米国、日本、ニュージーランド合作のハリウッド映画。日本人と武士道をありのままに表現しようとした作品で、渡辺謙ら多数の日本人俳優が起用された。トム・クルーズが主人公。渡辺はサムライ一族の長である勝元盛次を演じた。