藤井聡太棋王(竜王・名人・王位・叡王・王座・王将・棋聖=21)が同学年の伊藤匠七段(21)の挑戦を受ける、将棋の第49期棋王戦コナミグループ杯5番勝負第3局が3日、新潟市「新潟グランドホテル」で行われた。対局は先手の藤井が積極的に仕掛けて局面を進め、押し切った。これで対戦成績を2勝1分けとして、棋王初防衛と8冠堅持、タイトル戦負けなしの21連勝へあと1勝とした。第4局は17日、栃木県日光市「日光きぬ川スパホテル三日月」で行われる。

藤井がスイスイと指し手を進めた。持ち時間各4時間で午前9時から始まった対局は、角換わり腰掛け銀からの研究手順。45手進んだ正午の昼食休憩時、頭をひねりながら考える伊藤が1時間22分も時間を使ったのに対し、藤井はわずか19分。中~終盤の難所で時間を使えるようにとペースを配分しながら、攻めをつなぎきった。

2月10日の朝日杯決勝では、永瀬拓矢九段(31)を相手に全く逆の立場となって、敗れた。見たことのない陣形にてこずって神経を消耗した。持ち時間各40分の早指し戦で気がつけば、永瀬はわずか1分しか消費しておらず、39分を消費した藤井は1手60秒未満で指さなければいけない「1分将棋」となっていた。その反省を生かし、「決断良く指す」という持ち時間の短い将棋でのテーマに添って指しこなした。

1年前の棋王戦第3局も、同じ新潟グランドホテルだった。渡辺明棋王(当時)に連勝して臨んだが、1分将棋の末に詰み筋を逃して敗れた。タイトル保持者として臨んだ今期は、8冠王としての貫禄を示した。

【動画】藤井聡太棋王が105手で伊藤匠七段破り連勝