元格闘家の須藤元気参院議員(46=無所属)は3日、国会内で会見し、衆院東京15区補選(4月16日告示、28日投開票)に出馬する考えを表明した。「地元の江東区に輝きを取り戻したい」と述べた。完全無所属での出馬になるという。

須藤氏は議員活動の今後について「どこかのタイミングで、自動失職になるかもしれないが」と述べ、16日の告示に合わせて自動失職となることを示唆した。

須藤氏は2019年7月の参院選比例代表に立憲民主党から立候補し、初当選した。20年東京都知事選での対応をめぐり、立民を離党し、現在は無所属となっている。

須藤氏が失職した場合、19年参院選の立民比例名簿の次点は元モーニング娘。の市井紗耶香(40)となり、市井が繰り上げ当選の対象となる。

市井は昨年の参院選を前に立民比例代表での出馬をいったん表明したが、その後辞退。この日、自身のX(旧ツイッター)を更新し「私としては今後政治活動を再開する予定はなく、第25回参議院議員通常選挙において付託をいただいた皆さまからのお気持ちを、相応しい方に託すことといたしたく皆さまにご報告致します」と繰り上げ当選は辞退することを表明した。

同参院選での立民比例名簿での市井の次は、元RAG FAIRの「おっくん」こと奥村政佳氏となる。