アメリカンファラオ産駒の1番人気アドバンスファラオ(牡、森)は初戦を2着で終えた。

好発からもまれない先団外めの位置を取り直線を向いた。勝ち馬のモルチャンの決め手には屈したが、最後まで脚を伸ばし、大逃げを打ったサノノウォーリアを捉えて連対を確保した。

武豊騎手は「素直な馬ですよ。一生懸命走ってくれるし、ダートのこの距離でいいんじゃないかな」と話した。