アンクルモー産駒のアメリカ産サイブレーカー(牡、武井)が1番人気に応えて初勝利を飾った。良馬場で勝ちタイムは2分1秒6。

好位4、5番手をリズム良く追走し、楽な手応えで直線を迎えると内で食い下がる2着のラフィーニを残り100メートル付近で競り落とした。上がり3ハロンは最速の34秒9をマーク。菅原明騎手は「初戦から能力のあるところを見せてくれましたし、新潟のきれいな馬場も合っていましたね。まだ体が細いですし、これからもっと成長してくれればと思います」とさらなるパワーアップに期待していた。次走は様子を見ながら検討される見込み。