来月から調教師へ転身する秋山真一郎騎手(45)が25日、小倉競馬場で引退式を行った。

現役最後の騎乗となった小倉11R下関S(3勝クラス、芝1200メートル)ではダンツイノーバ(牝7、谷)に騎乗して12着。97年3月のデビューから丸27年間にわたるキャリアを終えて勝負服を脱いだ。来月1日付で調教師へ転身する。

引退式での一問一答は以下の通り。

-けさの心境は

秋山真 昨日もたくさん依頼していただいて疲れていたので、よく眠れました。疲れたまま起きました(笑い)。

-3Rでは勝利も挙げた

秋山真 今日に合わせていい馬を依頼していただいて、感謝しています。「ジョッキーっていいな」って思いました。これだけたくさん乗せていただけるなら、まだまだやりたいですね(笑い)。

-現役最後の騎乗を終えて

秋山真 無事に終わってホッとしました。

-引退式に臨む心境は

秋山真 すばらしい式を開いていただいて、JRAのみなさん、ファンのみなさん、ありがとうございます。

-印象に残るレースは

秋山真 やっぱり初勝利はよく覚えています。

-調教師としての抱負は

秋山真 いろんな性格の馬がいると思いますが、穏やかな馬をつくって、ジョッキーのみなさんに「乗りやすい」と言ってもらえるように。できる限り(調教に)乗って感触を確かめたいですね。

-ファンへのメッセージを

秋山真 ジョッキーでいる間、応援していただいてありがとうございました。来年開業してまた競馬場に戻ってきた時は、秋山厩舎の馬を応援してください。