星稜・奥川と桐蔭学園・森がU18副将を務める

U18W杯(30日開幕、韓国・機張)に出場する高校日本代表の副将が26日、明らかになった。

星稜・奥川恭伸投手(3年)と桐蔭学園・森敬斗内野手(3年)の2人が務める。25日のチームミーティングで決まった。主将は、22日の合宿初日に智弁学園・坂下翔馬内野手(3年)が指名されている。

奥川は甲子園決勝に進出したため、24日夜にチームに合流。「思ったことをしっかり言える関係にならないといけない」とチームワークの大切さを話していた。森も合宿初日から、坂下とともにランニングの先頭を走るなどリーダーシップを見せている。