仙台育英、新型コロナ警戒センバツまで健康管理徹底

  • 須江監督(前列中央)ら仙台育英ナインは表敬訪問した多賀城市から祝福の横断幕を送られて笑顔

新型コロナウイルスを警戒しながら、本拠地「多賀城」から甲子園「春の陣」に出陣する。第92回全国選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)に出場する仙台育英(宮城)が18日、野球部グラウンドがある多賀城市役所と宮城県庁を表敬訪問。須江航監督(36)と昨秋の明治神宮野球大会ベンチ入り18人は同市役所では祝福の横断幕を贈られ、県庁では初代仙台藩主・伊達政宗をモチーフにした観光PRマスコット「むすび丸」のピンバッジなどをプレゼントされ、東北勢初の「天下取り」に向けて気勢をあげた。

ただ、グラウンド外の不安要素も持ち上がった。センバツ出場決定後、この日までに一連のあいさつ行事を順調に消化したが、新型コロナウイルスの感染拡大を懸念。学校側はリスク管理のためこの日までに、多賀城校舎で21日に予定した壮行会の中止を決めた。野球部関係者だけで選抜旗授与式だけを行う。一般生徒も通勤通学ラッシュを避けるため、この日から登校時間が午前9時40分と通常より1時間繰り下がった。須江監督は「本番までの準備をしっかりとして、さまざまなものに適応していく」とあいさつ。選手たちの健康管理を第一に掲げた。

チームは1月下旬、昨秋の台風19号後のボランティアや長年の地域清掃活動などが評価され、多賀城市青少年善行者表彰団体の部を受賞した。地域の感謝を忘れない。甲子園入りまでの予定も流動的だが、田中主将は「宮城代表として期待の大きさを感じました。やることは変わらないので、やるべきことをしっかりとやって大会を楽しみたい」と不動心の決意を示した。【佐々木雄高】