岡田健史先輩やりました!創成館が平田に完封勝利

  • 岡田健史

<甲子園高校野球交流試合:創成館4-0平田>◇11日◇甲子園

イケメンの先輩も喜んでくれるはず! 人気俳優の岡田健史(21)の後輩にあたる創成館ナインが、完封勝利。センバツ中止の悔しさを乗り越えた。

1点リードで迎えた7回。先頭打者の4番猿渡が、高めの直球を捉えた。右中間に高く舞い上がった打球はフェンス際に飛んだ。全力疾走で三塁を踏み、右腕を高く突き上げた。犠飛で生還した主砲は「あまり点が取れてなかった。4番に座っているので、なんとかしないといけないと思った」と振り返った。

センバツ中止後、失意のナインを救ったのは地域住民の応援。背中を押したのは奥田修史(なおふみ)校長(48)の発案で校内に掲げられた看板だ。「春の忘れ物は 夏、取りに行きます」と書かれていた。夢の舞台で躍動した猿渡は「いろんな人に声を掛けてもらった。本当に来たんだな。やりたいことをできたという感じです。」と語った。

長崎の独自大会は2回戦で敗退。県を初制覇したのは大崎だった。この日、奥田校長は大崎のワッペンを胸に観戦。「本来なら夏のチャンピオンが出る大会。大崎高校の気持ちを何としても連れて行きたかった」と明かした。選手たちの活躍に「頼もしかった。諦めていた試合で感無量です」。ソフトバンク戦の始球式で見事な投球を披露したこともある岡田健史は、創成館の捕手で中心選手だった。「岡田(健史)君も喜んでくれているんじゃないでしょうか」と校長は声を弾ませた。【南谷竜則】