レイズ筒香が紅白戦「2番左翼」で2打数1安打

  • 実戦形式の練習で打席に立つレイズ筒香(ゲッティ=共同)
  • フリー打撃を行うレイズ筒香嘉智(2020年2月20日撮影)

レイズ筒香嘉智外野手(28)が9日(日本時間10日)、本拠地トロピカーナ・フィールドで行われた実戦形式の変則紅白戦(2イニング)に「2番左翼」出場し、2打数1安打だった。

第1打席にベテラン左腕ループから中前打。第2打席は、救援左腕ポシェと対戦し、見逃し三振に倒れた。キャッシュ監督は「みんながいい状態。これからいろいろと増やしていく」と話しており、今後はイニングや選手数をより実戦に近づけていく考えを明かした。