緒方監督「あの1発で流れがこちらに」菊池弾を称賛

  • FacebookMessenger
  • TL

<広島7-2DeNA>◇12日◇マツダスタジアム

広島が逆転勝ちし、今季ワーストだった6連敗をストップした。

5回に菊池が同点ソロ。7回は丸、鈴木、松山の3者連続適時打で勝ち越した。8回には菊池の満塁走者一掃の二塁打でダメ押しした。先発の九里は6回1失点、2番手の一岡が1回無失点で4勝目を手にした。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。

緒方監督(自ら切り出し)ナイスゲーム。まず九里が6回1失点で試合をしっかりつくってくれたし、その後の中継ぎ陣もしっかり投げてくれた。打線はやっぱり7回のところ。クリーンアップの3人がいい打撃をしてくれて、大きな3点が取れたイニングだった。

-丸、鈴木の勝負強さについて

緒方監督 丸にしても誠也にしても、それまでチャンスで打てていなかったからね。そういった中で、勝負どころでしっかり走者をかえす打撃をしてくれた。また明日から続けて欲しい。

-菊池の同点ソロも大きかった

緒方監督 重苦しい空気だったが、あの1発で流れがこちらに来るような一打だった。

-連敗が止まった

緒方監督 負けるべくして負けていた。エラーするわ、ゲームはつくれないわで、負けて当然の内容だった。我々の試合をしっかりすれば、勝ちという結果につながってくる。明日も自分たちの野球ができるように、1戦1戦頑張っていきます。

このニュースの写真

  • DeNAに勝利し丸(右)、野間(左)とジャンプしてお尻タッチする鈴木(撮影・加藤哉)
  • 風船を飛ばして声援を送る広島ファン(撮影・加藤哉)
  • FacebookMessenger
  • TL