広島床田6回途中降板、甲子園初登板は悔しい結果に

<阪神2-10広島>◇17日◇甲子園

広島先発の床田寛樹投手(24)は6回途中2失点で降板となった。

6回に2四球と右前打で1死満塁のピンチを招き、6番梅野に左前へ同点打を許した。続くマルテの左前打で勝ち越され、ベンチに退いた。

大阪・箕面学園時代に届かなかった甲子園での初マウンドは、悔しい結果となった。

その他の写真

  • 6回裏阪神1死満塁、床田はマルテに勝ち越し適時打を浴び降板する(撮影・上山淳一)