中日松坂、引退の上原に「ボクの中で特別な投手」

中日松坂大輔投手(38)が20日、現役引退を表明した巨人上原をねぎらった。19日に今季初めて打撃投手を務め、そのクールダウンでナゴヤ球場を訪れた松坂は、言葉を選びながら語った。

松坂 事前に(引退の)連絡をいただいていました。そこで僕の思いは伝えました。やっぱり寂しいです。最後は長い間、お疲れさまでしたと伝えました。

98年のドラフトで西武、巨人に1位指名されプロ入りした。ルーキーの99年の球宴では、ともに先発。同年のシーズン終了後にはともに新人王に輝いた。04年のアテネ五輪や06年のWBCでは、ともに日本代表として勝利に貢献。その後はともにメジャーでも輝いた。

松坂 同じ年にプロ入りして、ボクの中で特別なピッチャーでした。常に頭の中で意識してきた投手。タイプは全然違いますけど、上原さんのいいところを見てきました。ボクにないものなので、うらやましいと見てきました。寂しいですけど、いまは長い間お疲れさまでした。体のこともあるので、ゆっくり休んで下さい。

松坂は今年の春季キャンプ序盤で右肩の炎症を起こし、リハビリを続けている。ブルペンでの投球練習、打撃投手…。復帰への階段を1段ずつ登っている。打撃投手後の肩への影響を聞かれた右腕は言った。

松坂 僕は大丈夫です。 最後の一言は、先にユニホームを脱いだ先輩への決意表明だ。【伊東大介】

その他の写真

  • プロ野球コンベンションで新人王の表彰を受ける巨人の上原浩治(左)と西武の松坂大輔(1999年11月4日)