長嶋氏並び近本の父感慨「光栄すぎて言葉出ません」

<阪神3-2ヤクルト>◇18日◇甲子園

ミスターに並んだ! 猛打賞で決めた! 阪神近本光司外野手(24)がヤクルト戦で3安打し、58年長嶋茂雄のセ・リーグ新人最多153安打に並んだ。

   ◇   ◇   ◇

近本の父恵照(よしてる)さんは、仕事中ながらに息子の試合を気にしていた。ネットで息子の153安打を知り「長嶋さん、王さんの時代は覚えている。そんな偉大な方と名前が同じように並ぶというのは、光栄すぎて言葉が出ません」と喜んだ。

シーズン最後までの健闘を祈り「残り試合を全力で。できる限りの力を出して、記録を更新していって欲しい」とさらなる活躍に期待した。

その他の写真

  • 阪神対ヤクルト 8回裏阪神2死、近本は一塁内野安打を放つ(撮影・上山淳一)
  • 阪神対ヤクルト 8回裏阪神2死、近本が内野安打で153安打を達成し笑顔でボードを持つファン(撮影・加藤哉)