辻監督、1位東芝・宮川に即戦力期待「最高の選手」

<プロ野球ドラフト会議>◇17日

西武が東芝・宮川哲投手(24=上武大)を1位指名し、交渉権を獲得した。辻発彦監督は「非常にうれしいです。即戦力というところで、最高の選手。真っすぐの質もいい、力もある。変化球もいける完成された投手。ウチの打線なら2ケタ(勝利)もチャンスがある」と、1年目からの活躍を期待した。

当初の予定通り大船渡・佐々木朗希投手(3年)を1位指名したが、4球団競合の末にはずした。チーム順位の下位からクジを引くため、同監督は最後となる4番手。名手らしく「ボールをいっぱい捕ってきたから」と左手で紙を拾ったが、ロッテに持っていかれた。外れ1位も巨人との競合となるも、今度はしっかりと左手で即戦力右腕の交渉権をつかみ取り「2つ外したらきついなと思いながら、ホッとしました」と笑顔を浮かべた。

その他の写真

  • 東芝・宮川哲(2019年3月12日)