西武宮川「早く1軍に」指名漏れバネに1位指名

<プロ野球ドラフト会議>◇17日

社会人NO・1右腕、東芝・宮川哲投手(24=上武大)が、リーグ2連覇の西武から外れ1位で指名を受けた。

セ・リーグ覇者の巨人、西武ともに指揮官が抽選に臨み、辻監督が残り物に福で交渉権を獲得。寮の食堂でテレビにかじりつき「まさか、ここで来るとは…西武は素晴らしいチーム。なるべく早く1軍に上がって、大事な試合を任される投手になりたいです」と決意を込めた。

2年前の悔しさをバネに、最上位指名でプロ入りの夢をかなえた。上武大4年時にもプロ志望届を提出。チームメートの島田、石井が阪神に指名される中、指名漏れした。東芝では1学年先輩で中日からドラフト3位指名されたエース岡野に弟子入り。「負けたくない」と持ち味の最速154キロを武器としたパワーピッチングに、投球術とキレを加えた。

山賊打線は超強力だが、課題の投手陣の即戦力として期待される。渡辺GMからは「馬力がある。いいボールはカットボール。先発もやっているけど、短いイニングもできる」と評価され「どこでもいく準備はします」と力を込めた。正捕手の森とは同い年で、中学の生駒ボーイズ時代に何度か対戦。「勝ったり、負けたり」と振り返ったが、来季はバッテリーで3連覇に貢献する。【久保賢吾】

その他の写真

  • 西武から1位指名を受けた東芝の宮川は、大汗をかきながら記念撮影に応じた(撮影・たえ見朱実)
  • 東芝・宮川の交渉権を獲得しガッツポーズする西武辻監督(左)。右は巨人原監督(撮影・足立雅史)