オリックス西野が左足関節有痛性三角骨除去術

オリックスは18日、西野真弘内野手(29)が、神戸市内の病院で「左足関節有痛性三角骨除去術」を行ったと発表した。

今後は数日間の入院後、リハビリを行う。月間MVP候補に選出された8月中旬に「右大腿(だいたい)二頭筋筋損傷」で離脱するなど、今季は故障に苦しんだ。プロ5年目にして自己最少の56試合の出場にとどまり、打率2割4分1厘、1本塁打、14打点だった。