イケメン日本ハム1位河野は目力自慢「早く1軍に」

日本ハムのドラフト1位、JFE西日本・河野竜生投手(21)が18日、広島・福山市内の同社で指名あいさつを受けた。大きな目が特徴のイケメン左腕は、同社に訪れた大渕隆スカウト部長(49)を一目ぼれさせてノックアウト。魅力いっぱいの即戦力サウスポーは、強さと冷静さを併せ持つ目力を武器に、プロでも並みいる強打者たちをなぎ倒す。

   ◇   ◇   ◇

イケメン河野は、目で殺す。歓喜のドラフトから一夜明け、日本ハムから指名あいさつを受けた。「少しずつ実感が湧いてきた」と控えめに話したが、いきなり魅力が全開した。同社を訪れた大渕スカウト部長は、初めて間近で顔を合わせて、落ちた。「見つめ合っていられない感じ。ちょっと恥ずかしいなと目を閉じてしまう」とファーストコンタクトで、河野の武器にやられた。

前夜のドラフト会議で1位指名された直後からSNS上で「イケメン河野」と評判になった。河野は「いや…」と苦笑いでもりりしい顔で謙遜したが、最も特徴的なのが大きな目だ。「常に言われますね。会う人に『目力がすごい』って言われる。にらんでいるつもりはないですけど、そう捉えられる」と誰もが目を奪われるという。

その目力こそ、1位評価の決め手の1つだった。大渕スカウト部長は「試合の時も目が強い。勝負する顔。一見、強気で押すように見えるけど、相手をしっかり見えている。クレバーな投手」と先発として試合を作れる能力を絶賛。「先発に回ってもらいたい。まだまだ伸びると思っている」と期待した。

河野も鋭いまなざしで「即戦力で期待してもらっている。早く1軍の舞台に上がりたい。どんどん勝負してチームに貢献したい」と覚悟を言葉にした。入団に支障なし。その前に、25日から始まる日本選手権出場が控える。社会人として、最後の大会で、昨年は準優勝。「最後に日本一になるのが目標。会社や地域の人に応援してもらっているので、恩返ししたい」。日本一を勝ち取り、晴れて日本ハムに入って「日本一へ向けて頑張りたい」。大きな目で、輝く未来を見据えた。【木下大輔】

○…担当の加藤竜人スカウトが直系の後輩の活躍を願った。徳島出身で河野と同郷。JFE西日本の前身となるNKK出身で、福山を拠点に腕を磨いて00年ドラフトで日本ハム入り。同じ左腕で名前に「竜」が入るなど、共通点が多い。指名あいさつでは栗山監督のサイン&メッセージ入りのドラフト会議の入館証と交渉権確定のくじを手渡した。「やっぱりうれしいです。同郷など、そこを抜きにしても1人の投手として評価した」と話した。

その他の写真

  • 日本ハムからドラフト1位指名のあいさつを受けたJFE西日本・河野は栗山監督のサインとメッセージが添えられたドラフト会議の入館証を首にかけて交渉権確定の当たりくじを手に笑顔(撮影・木下大輔)