巨人1位堀田「負けないよう」同郷佐々木朗希に闘志

巨人ドラフト1位指名の青森山田・堀田賢慎投手(18)が18日、青森市内の同校で長谷川スカウト部長、柏田スカウトから指名あいさつを受けた。

180センチ、85キロの本格派右腕で最速は151キロを誇る右腕。岩手・花巻市生まれで、中学時代にロッテドラフト1位の大船渡・佐々木朗希投手と打者として対戦したことがある。結果は三振だった。「佐々木朗希をはじめ、同学年の投手に負けないような活躍をしたい。高校野球をやっているうちはすごく雲の上の存在という感じでしたけど、一緒のプロ野球選手になるので『負け』という気持ちじゃダメだと思う」と最速163キロの同学年右腕に闘志を燃やした。

ドラフト会議から一夜明け、いつも通り登校するとクラスメートが「おめでとう!」と言葉をかけてくれ、教室内で胴上げをしてくれた。家族が巨人ファンで小さい頃からテレビをつければ巨人戦が映っていた。印象に残っている選手は小笠原、李承■、内海、クルーン。巨人の本拠地東京には、中学時代にクラブチームの全国大会での1度しか行ったことがない。「やっとプロ野球選手になれるな、という自覚が出てきた。先輩に追いついて追い越せるように巨人の代表するピッチャーになれるように頑張りたいです」とみちのくから巨人の門をたたく。

長谷川スカウト部長も18歳の無限の可能性に言葉を弾ませた。「ジャイアンツが強かった時は高校から出てきてもらった選手たちが活躍したときに、スパン的に長く優勝争いをしたり、優勝しているという経緯がある。彼なんかも当然、そういうようことを監督自身ももくろんで考えていると思います」と指名への考えを口にした。

昨年のドラフト6位戸郷は高卒1年目でCSのマウンドに上がった。「今年は去年6位で指名した戸郷なんかも、ああいう形で大事なところで投げている経緯がある。この時期の去年の戸郷と堀田くんとで言えば、順位だけでなく、我々としても、高校時代のプレーを見ていても、はるかに堀田くんのほうが可能性は高いのかなというような思惑の中で、こういう順位で指名させていただいて、預からせていただく」と大きな期待を込めた。

※■は火ヘンに華

その他の写真

  • 巨人1位指名の青森山田・堀田は、ドラフト会議の原監督直筆サインが入ったIDを手に笑顔を見せる(撮影・浅見桂子)