ロッテ入団の西巻賢二、小さな体で光った選球眼

元楽天の西巻賢二内野手(20)が14日、ロッテに入団することが決まった。

13日から鴨川秋季キャンプにテスト生として参加していた。「(楽天から育成を打診され)正直考える部分はありましたが、ここで勝負したいという気持ちが強かった。率直にうれしい。ただ打ったりではなく、チームの作戦だったり、いろいろなことがやれる選手じゃないといけないと思う。そういうところで信頼される選手になっていけたら」と意気込んだ。

この日、行われたシート打撃では2打数1安打を記録し、2四球を選んだ。自身のアピールポイントを問われると「出塁することが僕の持ち味。フォアボールもヒットと同じ価値があると思うので、そういう細かいことだったり、バントやエンドランなど、相手に嫌がられる選手だと思う」と答えた。167センチ、68キロと決して体は大きくはないが、持ち前のパンチ力に加え、選球眼も光った。

2日間テスト生として練習に参加し、チームカラーも分かってきた。「非常に明るい。僕は今まで大きい声を出したりという感じではなかったが、こういうチームカラーなので、そこになじんでいけるように、元気で明るくやっていきたい」と心機一転、気持ちを入れ替えた。井口監督が「ランニングも前を走ったり、意欲的にやってくれている。気の強い選手ですし、いい刺激になってくれると思う」と話したように、がむしゃらさは首脳陣にも伝わっている。

また4年目の平沢は仙台育英の2学年上の先輩にあたり「高校の時から憧れの先輩。間近でいろんなことを聞いて学んでいきたい」と笑顔を見せた。

その他の写真

  • シート打撃に臨む元楽天西巻(撮影・久永壮真)