日本ハム中田翔「野球の日に男の子」第3子誕生報告

日本ハム中田翔内野手(30)が20日、チームメートの石川亮捕手(24)とともに応援大使を務める上砂川町を訪問した。

トークショーの中で、今年8月9日に第3子の男児が生まれていたことをファンへ報告。「野球(8=や、9=きゅう)の日」に誕生した愛息の存在を発奮材料に、13年目の来季こそ、4年ぶりのリーグ制覇へチームをけん引する。

   ◇   ◇   ◇

父親の顔になった。中田が応援大使として訪問した上砂川町でのトークショーでファンを前に口にした。「8月9日、野球の日に男の子が生まれました」と第3子誕生を報告した。「男の子ですからね。ちょっと違った気持ちで。すごくかわいいです」と思わず目尻を下げた。

野球人として、8月9日という日を特別に感じている。「なにか縁があるのかなと思う。ましてや初めての男の子だし」。実は大きなシナリオを思い描いていた。「野球の日に生まれた男の子だからこそ、男としてヒーローインタビューで、報告したいなと思っていたんですけど、見事にヒーローになることがなくて…」。台本通りとはいかなかったが、この日、集まった町民からは拍手喝采。「こういう形になってしまったけど、僕からしたらすごくうれしいこと。自分の口から言えたのは良かった」と話した。

学校訪問でも、児童からの質問に真っすぐな目で答えた。「野球は何歳までやりたいですか」と問われ「3人目の子どもに僕が野球をやっているということ、プロ野球選手なんだというのを見せてあげたい。それまではなんとか、はいつくばってでも頑張ろうかと思っている」。子どもたちとの交流会では、ラグビーW杯でニュージーランド代表が試合前に披露した民族舞踊「ハカ」を一緒になって踊った。「新鮮だったし、うれしく思う」とパワーをもらった。

町民を前に目標の数字も公言した。「シーズンを通して40本打ったことがないので、最低でも40本」。シーズン自己最多本塁打数は15年に記録した30本。今季も24本にとどまっている。「(広い本拠地の)札幌ドームで打てたらまたその分価値もあると思うし、札幌ドームで40本打ちたい」。父親として、チームを支える主砲として来季グラウンドで存在感を示す。【山崎純一】

○…石川亮が先輩中田に勝利した。トークショー内で実施されたストラックアウト対決に参加。同点となり、勝利をかけて勝負した中田との大一番にわずか1球で的を当て抜き、勝負強さを見せつけた。トークショーの最後には「優勝パレードを一緒に楽しみたい。その一員になれるように来年頑張りたい」と意気込んだ。

◆8月9日=野球の日 スポーツ用品メーカー・ミズノの直営店エスポートミズノが、公募した「スポーツ記念日」の1つとして94年に制定した。日本記念日協会により認定、登録された。

<中田の応援大使訪問地>

◆13年=網走市 谷口と訪れた名所の博物館網走監獄では、興味津々で職員に質問攻め。オホーツク流氷館なども回った。

◆14年=鹿追町 杉谷と神田日勝記念美術館などを訪れ、鹿追そばの試食も行った。

◆15年=津別町 大嶋と木材工芸館、石川牧場などを訪問した。

◆16年=剣淵町 1人で絵本の館などを訪問。トークショーでは、同年22本塁打の大谷に「(野手出場90試合で)ふざけんな、と思う」と爆笑を誘った。

◆17年=東神楽町 白村と小学校などを訪れた。同年ドラフト1位清宮の話題に触れ「性格がよさそう、杉谷と違って」と周囲を笑わせた。

◆18年=平取町 井口と義経神社で参拝し、自身の名前が刻まれた木製のお守りを受け取った。児童の要望で「ぞうさん」を熱唱した井口に「60点くらい」と採点した。

その他の写真

  • 応援大使で訪れた上砂川町役場で地元で生産しているハチミツをなめる日本ハム中田(撮影・黒川智章)
  • 応援大使で訪れた上砂川中央小学校で生徒とハカを踊る日本ハム中田(右)と石川亮(撮影・黒川智章)