高木守道さん急死、12日に地元ラジオ出演していた

  • 巨人を破り首位に並んだ高木監督は8勝目を挙げた郭と抱き合い笑顔を見せる(1994年撮影)
  • 60年、中日に入団した当時の高木守道氏

元中日監督の高木守道氏が17日午前、急性心不全のため死去した。78歳だった。1960年(昭35)に県岐阜商から中日に入団。現役通算2274安打、369盗塁、打率2割7分2厘の成績を残した。バックトスなど華麗な守備を見せ、二塁のスペシャリストとして脚光を浴びた。監督時代の94年には巨人と同率首位で並び、最終戦で優勝を争った伝説の「10・8」決戦で敗れるなど悲運の指揮官としても記憶される。通夜、告別式は近親者のみで営まれる。

  ◇    ◇    ◇

「ミスタードラゴンズ」と称された名手が、この世を去った。中日から初めて名球会入りし、2度指揮官を務めた高木氏が、17日午前に息を引き取った。今月12日にも地元ラジオ番組に出演し、現役時代の思い出話を披露するなど、精力的に活動していた中での出来事だった。

高木氏は60年に県岐阜商から中日に入団。63年から二塁手のレギュラーとなり、現役通算2274安打、369盗塁、打率2割7分2厘の成績を残した。盗塁王3回、ベストナイン7回など数々のタイトルを獲得。現役時代の二塁守備では、バックトスなど華麗な守備を披露してファンを魅了した。80年の引退後は、2軍監督、1軍守備コーチなどを歴任。評論家を経て、91年オフに第1次星野政権の後を受けて監督に就任。94年には長嶋茂雄監督率いる巨人と同率首位で並び、シーズン130試合目の最終戦をナゴヤ球場で迎えた「10・8決戦」を指揮。勝った方が優勝する決戦で巨人の継投の前に敗れ、悲運の指揮官として語り継がれる存在となった。

ナゴヤドームに本拠地を移した12年からも2年にわたって指揮を執ったが、リーグ優勝はかなわず、ユニホームを脱いだ。中日監督通算6年で最高成績は93、94、12年の2位。2度目の監督退任後は、野球評論家や中日のファンイベントでのゲストなどを務めていた。昨年12月に名古屋市内で行われた立浪和義氏(50)の野球殿堂入りパーティーや、中日ドラゴンズOB会にも元気な姿を見せていた。

◆高木守道(たかぎ・もりみち)1941年(昭16)7月17日生まれ、岐阜県出身。県岐阜商から60年中日入団し、俊足巧打、好守で球界を代表する二塁手として活躍。二塁手でのベストナイン7度は最多タイで盗塁王3度(63、65、73年)、ダイヤモンドグラブ賞3度(74、77、79年)。77年にはプロ野球タイとなる4打数連続本塁打。80年引退。通算2282試合、2274安打、369盗塁はいずれも中日球団2位。現役時代は174センチ、72キロ。右投げ右打ち。中日監督として、92~95年途中、12~13年に指揮を執った(ほかに86年に監督代行)。06年殿堂入り。