巨人が東京ドームのオープン戦2試合で無観客実施へ

巨人は25日、29日(土)と3月1日(日)の東京ドームでのヤクルトとのオープン戦2連戦を無観客試合とすることを発表した。

過去に巨人主催のオープン戦の無観客試合はないという。入場券の払い戻し等の手続きについては2月26日(水)以降、改めて発表する。24日に、政府の感染症対策本部の専門家会議が「これから1~2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」との見解を表明したことを受けたことによるもの。

以下、巨人軍による説明文。

東京ドームは屋内空間である一方、高い換気能力と広大な空間によって屋外と同様の環境を確保できています。しかし、プロ野球は、来場者の皆様の多くが、密集の中で歓声を上げ、体を動かしながら観戦していただくスポーツです。ドーム球場であることが直接の理由ではありませんが、社会全体で感染拡大のリスクを小さくすることが求められている状況においては、無観客試合とするのが最善であると判断しました。この2連戦につきましては、多くのファンの皆様に楽しんでいただくため、無観客とする一方で、テレビ中継や動画配信等で、試合を観戦していただけるよう最大限の努力を尽くしてまいります。

また、3月12日に予定していた「2020読売巨人軍激励会」は、中止とすることも併せて発表された。