ソフトバンクきょう紅白戦再開、1軍生き残り本格化

  • シート打撃で二塁打を放ち送球間に笑顔で三塁に向かうソフトバンク栗原(代表撮影)

12球団のトップを切って、ソフトバンクとオリックスが今日25日から紅白戦を再開する。ソフトバンクは24日、1、2、3軍とリハビリ組に分かれてのチーム練習を25日から再開することを発表。同日からの紅白戦実施も決めた。開幕に向け、1軍枠をかけたサバイバルが再び始まる。

4年連続日本一を狙う王者が、急ピッチで動き始めた。4月上旬から続けてきた投手と野手が完全分離しての自主練習から、今月19日に午前組、午後組に分けた投手野手合同の練習に切り替えた。そして解散前の3月30日以来、約2カ月ぶりのチーム練習へと前進。この日、ペイペイドームで午後組の練習を見守った森ヘッドコーチがオンライン取材に対応し「みんなの動きも、実戦に近づいているのをひしひしと感じる。今後は実戦をより重ねて、来る日に向かっていくという思い」と話した。

1軍紅白戦には、これまで筑後のファーム施設で練習していた若手も含めて野手20人、投手18人が招集される。森ヘッドは「決まっていないけど、まずは6月19日を目指してピークを迎えられるように。これが開幕のメンバーではない。競争が激化していく中で、振り分けをしないといけない」。今月中に5度の紅白戦を予定。その後の対外試合などを経て「紅白戦から当然、(競争は)始まっている。(開幕前の)ラスト1週間あたりでは、しっかりした1軍の枠のメンバーで戦う。そういう人選にしたいと思います」と、ベンチ入り29人の絞り込みに入ることを予告した。

NPBが目指す最短開幕は6月19日。残り1カ月を切っている。日本一球団で開幕スタメン、開幕ローテーション、そして1軍枠をかけた争いが、ついに本格化する。【山本大地】