元阪神アリアスとムーア、星野監督リーグV秘話披露

  • オンラインイベントでファンと交流する元阪神のムーア氏(撮影・前田充)

阪神の03年リーグ優勝に貢献したジョージ・アリアス氏(48)とトレイ・ムーア氏(47)が30日、日本プロ野球外国人OB選手会(JRFPA)が開催するオンライン交流会に参加した。50人近い参加者に向け当時のエピソードを披露した。

Vイヤーに38本塁打、107打点をマークして主砲として活躍したアリアス氏は米国アリゾナ州在住。チームを率いた当時の星野仙一監督について「(最初は)すごく怖い感じだった。ロッカールームに入ってきたとき、全員が硬直して黙って、ビビったよね。でも、知れば知るほど、いい試合、いい結果、勝つことに注力している人だとよく分かった。自分も、子どもを教えるときに、そのテクニックを使って、勝つためにどうすればいいか、監督として選手にアピールしているよ」と明かした。

ムーア氏はトレードマークのひげが健在で、米国テキサス州に在住。02年に入団すると10勝を挙げ、優勝した03年も10勝をマークして、先発左腕として奮闘した。「星野さんは存在感がすごいモノがあった。非常に尊敬されていたよ。選手として彼をがっかりさせたくない思いだったんだ」。懐かしい日々を思い出したのか、アリアス氏のヒッティングマーチに話題が及ぶと、突然、ムーア氏が球団歌「阪神タイガースの歌」(通称「六甲おろし」)を熱唱。1番を完璧に歌いきると、参加者から拍手でたたえられるなど、大盛り上がりだった。

今後のイベントでは、阪神などで活躍したクレイグ・ブラゼル氏(39)の参加も予定する。