阪神ドラ2井上4番「使い続けたい」平田2軍監督

  • 練習を行う井上広大(球団提供)

王道を歩め!阪神平田2軍監督が1日、広報を通じてドラフト2位・井上広大外野手の4番起用を継続する考えを明かした。2日ソフトバンク戦(鳴尾浜)から2軍練習試合が再開。4番井上の可能性を問われると「もちろん!」と即答。「タイガースの4番としての自覚や戦う姿勢を作ってあげたいし、持ってほしい。4番として戦う姿勢が見えている限りは使い続けたいね」と力を込めた。

3月の2軍戦でも4番が主戦場だった。新型コロナウイルスの影響による活動停止、自主練習期間は広島鈴木、西武山川、巨人岡本など強打者のフォームを動画で研究。どっしり粘り強い足腰を目指してきた。井上は広報を通じて「下半身をしっかり使うことで、脱力していても強い打球が打てるようになりました。やってきたことを発揮していきたい」と腕ぶしている。

3月の実戦では三振も目立ったが、結果を恐れて小さくまとまるつもりはない。「スイングだけは小さくならないようにしたいと思います」。スケールの大きな4番へ。自分らしく成長していく。【佐井陽介】