ヤクルト村上、喉の痛みがなくなればチーム復帰へ

ヤクルトは5日、PCR検査を実施した村上宗隆内野手(20)が、新型コロナウイルスの陰性と判明したと発表した。

村上は、埼玉県内の病院で診断した医師から「慢性へんとう炎による発熱」との診断を受けており、現在は発熱も治まっている。喉の痛みがなくなり次第、チームへ復帰することが可能との判断を受けている。

村上は、3日に行われた練習試合中日戦(神宮)に4番一塁手でスタメン出場。フル出場し、試合後の検温では36・9度だった。4日になって喉の痛みを訴え、朝は37・0度の微熱があったためクラブハウスには行かず、埼玉県内の病院を受診。味覚や嗅覚の異常などその他の症状はないが、医師からPCR検査を勧められたため実施した。その後は戸田市内の選手寮の自室で静養している。

同じく4日午後にPCR検査を実施したアルバート・スアレス投手(30)の結果については、6日以降に発表される。