ヤクルト大敗 村上一矢報いるも神宮14戦は5割

  • ヤクルト対DeNA 9回裏ヤクルト2死二塁、適時打を放つ村上(撮影・狩俣裕三)
  • ヤクルト対DeNA 4回表DeNA1死一塁、遊併殺の好守を見せた西浦(左)を笑顔で迎える高梨(右)。手前は村上(撮影・大野祥一)

<ヤクルト1-8DeNA>◇5日◇神宮

ヤクルトは9回に村上宗隆内野手の適時打で完封負けは免れたが、開幕から続いた本拠地連戦の最終戦は大敗を喫した。

DeNA平良を打ち崩せず、7回まで3安打のみ。高津監督は「出塁も得点も難しい投球内容だった」と認めた。神宮5カード、14戦は7勝7敗の五分。「チームとして成長していかないといけない。しんどいこと、うれしいことの中で、みんなで成長していけたら」と話した。