契約解除のロッテ・ジャクソン 私生活の悩み投稿も

  • ロッテ3番手で登板したジェイ・ジャクソン(2020年7月7日撮影)
  • 7日、西武戦の8回表を終え、柿沼(左)と笑顔でグータッチを交わすロッテ・ジャクソン

ロッテは9日、ジェイ・ジャクソン投手(32)の契約解除を発表した。8日に本人からの申し出があり、この日に正式受理した。

ZOZOマリンで報道陣に対応した松本球団本部長は「昨日の今日なので、球団としても今の時点では詳しく説明できません。あらためて説明させていただきます」とコメント。事情を以前から把握していたか、との質問にも「それも含めて(後日)きっちり説明させていただきます」と答えるにとどまった。

かつて広島にも在籍したジャクソンは、今季からロッテでプレー。150キロ台の直球とスライダーで、主に8回を任され、7試合で防御率3・86の成績だった。7日の西武戦に登板後、8日に出場選手登録を抹消されていた。退団との因果は不明ながら、本人のものと思われるSNSでは、私生活での悩みを書き連ねることもあった。

井口監督は、雨天ノーゲームとなった西武戦後に「細かいところはちょっと分かりません。8回を任せた投手だったので残念ですけれど、チェンや他の外国人にもチャンスがある。食い込んでもらいたい」とコメントした。

◆ジェイ・ジャクソン 1987年10月27日、米国生まれ。ファーマン大を経て08年ドラフト9巡目でカブスと契約。15年にパドレスで大リーグデビューし、6試合0勝0敗、防御率6・23。16~18年には広島のリーグ3連覇に貢献。昨季は米球界に復帰し、ブルワーズで28試合1勝0敗、防御率4・45だった。昨年12月にロッテ入団決定。185センチ、88キロ。右投げ右打ち。今季推定年俸1億2000万円。