清水聡が両眼窩底など4カ所骨折 16日に緊急手術

12日にプロ初黒星を喫したボクシング東洋太平洋フェザー級王者清水聡(33=大橋)が両眼窩(がんか)底、両眼窩内など計4カ所を骨折していたことが分かった。

17日、所属ジムの大橋会長が明かした。16日に右目周囲の緊急手術も受けたという。同会長は「まず完治させることが大事。その後から次戦のことは考えたい」と説明した。12年ロンドン五輪銅メダルの清水は1階級上のWBOアジア太平洋スーパーフェザー級王者ノイナイ(フィリピン)に挑戦したが、2度のダウンの末、6回TKO負けを喫していた。