炎鵬に担ぎ出された阿炎「鼻を折られた」出直し誓う

  • 阿炎を足取りで破った炎鵬(手前)(撮影・丹羽敏通)

<大相撲初場所>◇13日目◇24日◇東京・両国国技館

西前頭5枚目の炎鵬(25=宮城野)が、小結阿炎を足取りで破って勝ち越しを決めた。現役関取最軽量の99キロで、身長も最も低い168センチながら、185センチ、155キロの相手を浮かした。これで1大関、2関脇、1小結撃破と、連日観客を沸かせている。兄弟子で休場中の横綱白鵬にも吉報を届ける白星となった。

   ◇   ◇   ◇

炎鵬にしてやられた阿炎は、報道陣に囲まれると「なんスか、負け越したのにこないでくださいよ」と言いつつ、「一枚上手だったッスね」と完敗を認めた。

「立ち合いは完璧だったけど、軽いからと足を出したのが失敗」。踏み込んだ右足をとられ、一気に運ばれた。「ふりほどいて跳び越えてやろうと思ったんですよ。でも思ったより力が強かった。フワッと持ち上げられて運ばれた」と小兵の力強さに脱帽だった。

昨年初場所からの勝ち越しが6場所連続でストップ。場所前の稽古で右膝を痛めた影響もあった。「稽古しないとダメですね。怒られるかもしれないけど、負け越しってこんな気分だったんだ。一からやり直そう。鼻を折られた感じ」と炎鵬に学び出直しを誓った。