NGT卒業の菅原りこ「また1から」ツイートで感謝

グループ卒業を発表したNGT48菅原りこ(18)が21日、公式ツイッターで思いをつづった。

前日20日に新潟・NGT48劇場で行われたチームG千秋楽公演で、山口真帆(23)長谷川玲奈(18)とともに卒業を発表していた。菅原は足のけがのため活動を一部制限しており、千秋楽公演も一部の出演だった。「ステージの復帰を心待ちにしていてくださった皆様には悲しい思いをさせてしまい、本当に申し訳ありません。NGT48を応援してくださっている皆様や、嬉しい時も悲しい時もどんな時も私を支えてくださった皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです」とつづった。

発表でも、ソロコンサートの開催など、夢への挑戦を続けることを明らかにしていたが「自分なりに一生懸命考えて、たくさん悩んで、また1から頑張っていくと決めました。きっとこれからが本当に大きな壁にぶつかる事になるかもしれないけれど、皆さんと築き上げた絆があるからきっと大丈夫! 無理だって言われても、笑われても、皆さんと約束した目標に向かって頑張ります。またいつか皆さんを笑顔に出来る日が来ることをいつもいつも願っています」とした。

菅原は山口らとともに、来月18日に卒業公演を行って、グループでの活動を終了予定。菅原は、山口に関する事件が明らかになった後にも、山口に寄り添っていたメンバーの1人で、先月22日のAKSの第三者委員会報告会見の際も「ただ真面目にアイドルをしていただけなのに… 皆さんの笑顔が見たいだけなのに… 悲しい…」とツイートしていた。