高柳明音「素の表情が多い」SKEメンバー写真

  • 「ちゅりかめら展 IN WONDER PHOTO SHOP」でピースする、左からSKE48佐藤佳穂、高柳明音、野島樺乃(撮影・佐藤成)
  • 「ちゅりかめら展 IN WONDER PHOTO SHOP」でポーズを取る、左からSKE48佐藤佳穂、高柳明音、野島樺乃(撮影・佐藤成)

SKE48高柳明音(28)が22日、都内で開催中の写真展「ちゅりかめら展 IN WONDER PHOTO SHOP」にメンバーの野中樺乃(18)、佐藤佳穂(22)とともに来場した。

同写真展には、“ちゅり”こと高柳が、1月15日発売のSKE48の26枚目シングル「ソーユーコトあるよね?」のMV撮影時、ジャケット撮影時、高柳の卒業ソロ曲「青春の宝石」のMV撮影時などの裏側を撮った写真が展示されている。6回目の写真展開催に「できるだけたくさんのメンバーの良い写真を撮ろうとしました。素の表情が多いです。1番は決められません」と笑顔を見せた。

3月15日に自身の卒業公演を控えるが「楽しみが一番大きいです。セットリスト、演出、この子とこの歌を歌いたいとか夢がふくらんでいる」と期待感を示した。

野島は「大好きな先輩なので寂しい気持ちもある。でも笑顔で最後まで楽しんでほしい」と話し、佐藤も「楽しみ。成功に持っていけたら」と意気込んだ。3人でのパフォーマンスの有無について高柳は「当日のお楽しみです」と笑った。

今月7日、同グループの松井珠理奈(22)が卒業を発表したことについて、高柳は「おじゅりちゃんの卒業は何となく察していた。もうそろそろなのかなって。私が卒業を発表したときも『私もちゅりに続いてがんばるね』と言っていたので。唯一先輩なので見送ってあげたかったなという気持ちもある。卒業コンサートは見に行くねっていう話をしている。応援してあげたい」と語った。

3月4日にはセカンド写真集「いつか、思い出したいこと。」も発売する。「アイドルのうちに2冊も写真集を出せるとは。私からみんなに感謝の気持ちを込めた写真集です。1つの形として残せることがうれしい」と喜んだ。