AKB「配信限定公演」で実感した声援のありがたさ

<ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム>

AKB48が12日から、東京・秋葉原のAKB48劇場で、無観客での「配信限定公演」を行っている。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、同グループでは先月26日から劇場公演やライブ、握手会などを中止・延期してきた。05年12月にオープンの同劇場でも、無観客での公演は初めて。通常は、配信サービス「DMM」の「LIVE!! ON DEMAND」での有料生配信を行っているが、この日から同サービスに加えて、動画サイト「YouTube」や配信アプリ「LINE LIVE」などで無料生配信した。

“初日”となった12日のチームB公演を、同劇場で取材した。定員250人の劇場では、いつもは正面後方からと、劇場内の2本の柱の影からカメラが撮影しているが、この日は左右にカメラマンも移動しながら、16人のメンバーをくまなく追った。

07年に加入し、数多くの劇場公演に出演してきた4期生の大家志津香(28)にとっても、もちろん初めての出来事。「劇場公演の場合は、やはりその場のファンの皆さんを意識するので、ここまでカメラを意識したのは初めてです」と公演後に話した。そしてやはり「ファンの皆さんの声援のありがたさを、改めて感じました」。

誰も経験をしたことがない現状で、自粛による閉塞(へいそく)感を少しでも明るくしよう、前向きにしようと、タレントやアーティスト、そしてアイドルたちも試行錯誤している。今回のAKB48の配信限定公演も、改めてグループや同劇場の魅力を伝える好機であると考える。ただ、やはりそこに生の歓声や声援があってこそのエンターテインメントなのだと、改めて実感した。