NGT「にゃーにゃーコンビ」劇場公演が目標/後編

  • 16年11月、AKB48グループ秋祭り
  • 19年8月、劇場公演で手をつないで歌う日下部愛菜(左)と清司麗菜
  • 16年1月、女子バスケットボールオールスターのハーフタイムショー出演

<日下部愛菜&清司麗菜が振り返る>

NGT48の「あいにゃー」こと日下部愛菜(18)と「れいにゃー」こと清司麗菜(19)の「にゃーにゃーコンビ」による対談後編は、15年8月のグループ加入後について語り合いました。研究生スタートながら、ともに支え合って絆を深め、お互いにとっても、グループにとってもなくてはならないコンビに成長しました。(なお今回の対談は、7月上旬にそれぞれリモートによるオンラインで行いました)【大友陽平】

-14年のバイトAKB、15年5月の第2回ドラフト会議をへて、同7月にNGT48の1期生として合格。憧れのアイドルになった

清司 不安もあったんですけど、愛菜が一緒だから頑張れるという気持ちが常にありました。

-新潟生活も始まった

日下部 麗菜はよく私の家に泊まりに来てました。

清司 愛菜はお母さんと一緒で、私は1人で新潟に来たので、よくお世話になっていました。

-16年1月に劇場がオープン。研究生スタートに

日下部 悔しかったんですが、ドラフトで落ちた経験があったからか、メンタルがめちゃくちゃ強くなっていて…(苦笑い)

清司 発表後に、ラーメン食べに行ったよね? なぜか山田野絵と一緒に(笑い)。そこでも「頑張ろう」と前向きな感じでした。

-研究生公演が始まり、18年4月に昇格した。5年間で印象的だったのは?

日下部 コンビとしては、17年の「選抜総選挙ランク外コンサート」でNGTが披露した「僕たちは戦わない」のダブルセンターをやらせてもらったこと!

清司 2人きりのお仕事とかはあまりなかったので、認めてもらえたんだと感じられた瞬間でした。

日下部 あと朱鷺メッセでの単独コンサート。(北原)里英さんとの「ツンデレ!」で、フリーダンスを麗菜と2人でやる場面があったんです。コンサートの振りを任せていただいたことは大きかったです。

清司 私はなかなか振りが思い付かなくて、最初は愛菜にもバレないようにしていたんですけど…。ある時に打ち明けて、一緒に考えてくれました。あと私は、昨年8月に「夢を死なせるわけにいかない」公演でセンターを務めさせてもらって、自信になりました。

-思春期でもあった。2人の関係に危機は?

日下部 それがですね…ないんです!

清司 お互いの良いところも悪いところも理解しているので!

-ではあえて、ここは直してほしいところは…

日下部 あります!

清司 早っ!

日下部 麗菜は、1つのことにしか集中できない! 例えば携帯に集中すると、隣から話し掛けても1ミリも入っていなくて…。

清司 確かに…。愛菜は、最近変顔がひどい! 普通の会話の中で取り入れてくるので…。そこは直してほしいです!

-改めていい関係だ

日下部 周りからは私の方が大人っぽいと言われますが、実は清司麗菜って大人なんですよ。1期生の中でも1番器が大きい!

清司 もはやただの仲間ではないし、でも家族までは…いかないか!

日下部 いかないんかいっ!(笑い)

清司 友達以上、家族未満…(笑い)。いるのが当たり前なので…家族みたいな関係ということで!

-いつか卒業し、家庭を持つことにもなるだろう

日下部 思いをさらけ出しながら、お互いそれぞれ1人の時間は欲しいタイプなんです。ちょうどいい距離感だと思いますし、関係はずっと続きます!

清司 確かに!!

-今後の目標は?

日下部 MCも頑張りたくて、コンビでもチャンスが増えればと思います。

清司 にゃーにゃーコンビで、劇場公演をやってみたい!

日下部 NGTは(西潟茉莉奈と荻野由佳の)西荻コンビとか、(中井りかと中村歩加の)あぶこなコンビとか、コンビが多いので…。その中でも「にゃーにゃーコンビ」をもっと押し出していきたいです!