HKT渕上舞&坂口理子、ソフトバンク日本一を祝福

  • HKT48坂口理子(C)Mercury

<SMBC日本シリーズ2020:ソフトバンク4-1巨人>◇第4戦◇25日◇ペイペイドーム

HKT48渕上舞(24)と坂口理子(26)が25日、4年連続日本一を達成したソフトバンクを祝福した。

渕上は「ホークス、日本シリーズ優勝おめでとうございます! 久しぶりの地元福岡での日本一、本当にうれしいです。CSからの勢いそのまま、日本シリーズも連勝でホークスの圧倒的な強さを実感しました!」と祝福。ロッテとのクライマックスシリーズ(CS)第2戦や、日本シリーズ第3戦を福岡ペイペイドームで観戦したといい「新しい観戦スタイルになり、選手達のかけ声、打球音や捕球音が響く球場は、いつも以上に試合の緊張感が伝わってくるようになった気がします。今シーズンも“野球がある日常”を過ごすことができたことに改めて感謝するとともに、来シーズンもプロ野球が開幕するその日まで、私たちHKT48も、ドームお隣のBOSS EZO FUKUOKAの劇場から熱く福岡を盛り上げていきたいです!」。

また坂口も「4年連続日本一! おめでとうございます! リーグ優勝を果たしてからのCS突破、日本シリーズまでと“全集中”して勢いがとまらないホークスを観ていて、私達も興奮がとまりませんでした!」と祝福した。

9月5日のロッテ戦では始球式も行った。「マウンドに立った緊張感がずっと忘れられず、改めて活躍されている選手の皆さんの素晴らしさを感じました! 日本一、本当におめでとうございます!!」とコメントした。