宝塚 ~ 朗らかに

花組新トップ「組子へのいとおしさ爆発中」/柚香光

花組新トップ柚香光(ゆずか・れい)は、就任後の初主演作「DANCE OLYMPIA」で、フラメンコ、カポエイラ、和太鼓に挑戦。20年、オリンピック(五輪)イヤーの幕開けに世界の踊りを披露している。武器のダンスを存分に発揮するダンスコンサートは、22日まで、東京国際フォーラムで上演中。

花組新トップとして初主演作に臨んでいる柚香光(撮影・加藤哉)
花組新トップとして初主演作に臨んでいる柚香光(撮影・加藤哉)

5年半に及び花組を率いてきた明日海りおの後任に就いた。新年を「闘いの1年」と表現。気持ちは「前へ」「前進」と口にした。

「自分の熱量、ピンと張り詰めた集中力…楽しみながら向かう空気感、稽古場全体の雰囲気も(自身で)、下級生にいたるまで変わる。私が、楽しんでやれたら伝わっていくと思う」

フラメンコ、和太鼓、ストリートダンスにカポエイラ…。世界各国を代表するダンスに臨む。キレ味抜群のダンスは大きな武器だ。

「和太鼓も(ゲームの)太鼓の達人はありますけど(笑い)。免許持ってないのに、マリオカートは得意というようなもの。太鼓で手が豆だらけ。カポエイラは足、全身が筋肉痛で」

稽古中、時間に追われつつも充実感はあった。

「誰か時計を回して(進めて)んじゃないかって(笑い)。(精神的に)コップに水が満杯というか、限られた時間の中でどうこなしていくか。挑戦でした。(トップとして)最初のアクセルを踏める公演としては、すごくパワーになる」

明日海は「(柚香は)いずれ同じ立場に」と見ていた。柚香も、明日海の飽くなき探求心、ストイックさ、組子との接し方まで、日々「学び」だったという。

「(明日海の花組異動時は)私が研究科5年ぐらいですかね。ちょうど慣れてきて、わんぱくで、自分のしたいことをし始め…」

蘭寿とむの退団を受けて明日海がトップに就いた。

「(明日海本役の)新人公演主演、卒業…節目ごとに、明日海さんの見え方、距離感も変わって、信頼関係の築き方も学べました」

近くで学んだ帝王学。明日海が退団時、組子個別に送った手紙にも感謝する。

「『(組子は)家族以上にいとおしい存在だと、本当に思えている』って。みんなのためなら、いくらでも頑張れると思えると書かれていて。トップさんは孤独とよく言いますけど、そのタイプの孤独はまったく怖くないと思えました」

柚香も「組子へのいとおしさが爆発中」と言い、リーダー像も描きつつ進む。

「人とお稽古することが好き。その人の本来もっている良さ、武器、感性がきちんと自覚でき、生かしていけるような導き方を。俺についてこい! ではなく、私がおもしろがって前のめりにやっていることで、みんなが盛り上がっていく構図になるのかな」

自身の変化も感じる。「『孤』の人として、すがすがしい、勇気があふれてくる『独(り)』になろうとしていて(それが)心地いい」。ひとあし早く、昨年末にトップ初主演作を終えた星組新トップ礼真琴は同期。「心強くもあり、プレッシャーでもある」と、礼への本音を吐露した。

「助け合える部分もある。でもだからこそ、自分のカラーや向かうべき壁であるということも、まったくタイプの違う舞台人だからこそ、強く実感します」

新年は「脳みそを使って。闘いの1年になる」。覚悟も決め“光”のさす方へ進む。【村上久美子】

◆Grand Festival「DANCE OLYMPIA」-Welcome to 2020-(作・演出=稲葉太地) ダンサー柚香光の魅力を存分に見せるダンスコンサート。1幕は、ギリシャ神話の英雄が現代にタイムスリップして起こる様をストーリー仕立てに描くショー。2幕で、世界の多彩なパフォーマンスを繰り広げる。

☆柚香光(ゆずか・れい)3月5日、東京都生まれ。09年入団。花組配属。14年2月「ラスト・タイクーン」で新人公演初主演。同6月「ノクターン」で宝塚バウホール初主演。15年8月の台湾公演でオスカル。17年「はいからさんが通る」で外部劇場に初主演。19年6月には東京で「花より男子」に主演した。身長171センチ。愛称「れい」。

夢の舞台を創り続けて100年あまり。時代とともにスターを生み、話題作を手掛けてきた宝塚歌劇団。華やかなステージを作り続ける裏側で日々、厳しいけいこと競争の中で切磋琢磨を続けている夕カラジェンヌの横顔を伝えます。

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング