星野源「けものフレンズ」最終回タイトルで独り泣き

  • TL

 星野源(36)が2日、東京・西武池袋本店でエッセー「いのちの車窓から」(KADOKAWA)発売記念トークイベントを開いた。

 トークイベントでは、6593人の中から抽選で当選し、集まった150人のファンとの質疑応答があった。その中で「エッセーの中で『独り泣いた』というフレーズが出てくる。最近、独り泣いたことは?」と質問が飛んだ。

 星野は「そんなに、あるわけじゃないですけど、泣く時は独りですね」とした上で、3月28日深夜にテレビ東京系で放送された人気アニメ「けものフレンズ」最終回を録画で見て、泣きそうになったと明かした。

 ちょうど昨日、『けものフレンズ』というアニメの最終回を、録画したのを、やっと見られた。タイトルが出る瞬間が、あまりに格好良くて、本当、格好いいんですよ!! すっごい少人数で作っているアニメらしいんですけど、その少人数で、こういうものをやりたいんだ、という情熱が迫ってくる感じで…グッときましたね。

 また3月28日に発表された、第9回伊丹十三賞の受賞を受け、伊丹十三さんの映画の中でも、特に好きな85年「タンポポ」を見た時もグッと来たという。

 昔から何度も伊丹さんの映画を見ていましたけど、もう1回、見直そうと思って「タンポポ」がすごく好きで見たんですけど、やっぱり何度見ても面白いなと思って。感動するような話ではない部分というか…普通にうまそうに飯を食っているだけのところで、何かちょっと泣きそうになる瞬間があったりとか。ラストシーンで、山崎努さんがラーメン屋を出て行くところに流れるクラシックの盛り上がりと、画の一致具合がすごくて、本当に格好良くて。

 星野は、映画などを見て感極まり泣く時の、自身の心の動きについて「感動するような話とか、悲しい話とかでグッとなる時はありますけど、ものを作っている人の『これだ!!』みたいな瞬間が画面の中に現れたのを見たりすると、つい涙が出てしまう。面白いと思った瞬間に胸が熱くなってしまう」と分析した。【村上幸将】

  • TL

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング