石坂浩二、浄土真宗開いた親鸞聖人は「哲学者だと」

俳優石坂浩二(77)が24日、都内で主演アニメ映画「歎異抄をひらく」の初日舞台あいさつに出席した。

浄土真宗を開いた親鸞聖人の声を担当した石坂は「親鸞は『人は悪だ。悪いことをするものだ』ということを鎌倉時代に広めようとした。宗教にとどまらず、哲学者だと思います。ブッダが仏教を始めたときも、そういった感じだったんじゃないでしょうか」。

そして「人間が集まって、何かが起きていく。国になり、国が強ければいいとなって、それで(米国の)トランプ(大統領)というおじさんが現れたり、欧州で極右勢力が出てきている。この映画は、人間が自分というものをつかんで生きている様を描いています」と話した。

共演の声優陣について「ものの見事に私の考えを盗んでいる(笑い)。ものすごく巧みに演じてくれています」と感謝の言葉を送った。。