乃木坂は4年間で進化「何やっても許してもらえる」

乃木坂46を追った映画「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」(岩下力監督、7月5日公開)の完成試写会が25日、都内で行われ、秋元真夏(25)梅沢美波(20)齋藤飛鳥(20)高山一実(25)与田祐希(19)が出席した。

同作はドキュメンタリー第2弾。前作「悲しみの忘れ方」(15年)から4年間の変化について、秋元は「メンバーとの関係がより密になりました。メンバー間ですごく気を使ったりというのは減ってきて、冗談を言い合えるようになった。後輩も増えて層の厚さが増しました」と話し、高山も「何やっても許してもらえる安心感がある」とうなずいた。

齋藤は「『1』は個人にフォーカスを当ててたけど、今回はグループの良さ、みんなでいることの良さが出ている。同じグループのドキュメンタリーなのに、まったく違うものになっている」と作品をPRした。

4年前にはファンとして「悲しみの-」を見たという梅沢は「姉を連れて映画館に行きました。4年たってスクリーンに映っている。人生何が起こるか分からない」、与田は「4年前は中学生でアイドルとは縁遠かった。それこそ、『いつのまにか、ここにいる』です」と話した。