乃木坂新センター遠藤さくら齋藤飛鳥と2人でダンス

乃木坂46の新センター、遠藤さくら(17)が20日、福岡・ヤフオク!ドームで行われた全国ドームツアー福岡公演に出演した。

昨年11月に4期生として加入したばかりのルーキーだが、今月14日放送のテレビ東京系「乃木坂工事中」(日曜深夜0時)で、24枚目シングル(9月4日発売)のセンターに抜てきされたことが発表されていた。

中盤のユニットコーナーで、エース齋藤飛鳥(20)と2人で「他の星から」をパフォーマンスした。齋藤に続いて、遠藤の姿がモニターに映し出されると、「おおおおっ!?」と大きなどよめきがあがった。2人でガッチリ握手した後、「インフルエンサー」「シンクロニシティ」「Sing Out!」などの楽曲のダンスを手がけたSeishiro氏が新たに考案した振り付けで、キレのあるしなやかなダンスを披露。堂々としたパフォーマンスに、会場を埋めたファン3万5000人から大歓声を浴びた。

アンコールで齋藤は、「他の星から」のパフォーマンスについて「すごい人気の曲じゃないですか。だからちょっと怖かったんですけど、別の振り付けでやったんですよ」と振り返った。「登場してきて、(遠藤と)2人で、『やるよ』みたいな感じで、握手したの。もうドッキドキして」と笑った。「もうやりたくない。緊張した」と吐露したが、高山一実(25)から「ダメです、またやってください!」と言われ、「機会があったら!」と返していた。

また、今月8日、9月1日をもってのグループ卒業を発表したキャプテン桜井玲香(25)も出演。ラストに「福岡公演、無事終えることができました! こんなにたくさんの皆さんから、たくさんパワーをもらえたので、これをエネルギーにして、まだまだ全国ツアー続きますので、メンバーみんなで頑張っていきたいと思います!」とあいさつし、大歓声を浴びた。

その他の写真

  • 「他の星から」を2人でパフォーマンスした遠藤さくら(右)と齋藤飛鳥
  • 「他の星から」を2人でパフォーマンスした遠藤さくら(右)と齋藤飛鳥