松本人志、大崎会長が「いなくなったら僕は辞める」

ダウンタウン松本人志(55)が21日、レギュラーを務めるフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜午前10時)に生出演し、昨日20日に行われた雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号田村亮(47)の闇営業騒動に関する謝罪会見についてコメントした。

通常番組は収録で行われるが、昨日の会見を受けて急きょ生放送が決定した。

昨日20日深夜に松本、東野幸治、吉本興業大崎洋会長、岡本昭彦社長の4人で話をしたという。大崎会長、岡本社長はともにダウンタウンの元マネジャー。松本は会社の対応について「真摯(しんし)に話を聞いてくれるし、僕の話を可能なところまでやってくれようとしている。そんな悪い会社じゃない」と話した。一方で岡本社長に対しては「たまに言葉遣いが横暴と、大崎さんに言ったことがある。彼の中で出ちゃうことがある。でもこの時代あり得ないし、絶対にやめろと言いました」と改善を求めたという。

また大崎会長が「これ以上騒動が大きくなるようであれば、進退を考えなければいけない」と話したことも明かしたが、松本は「それは僕は全力で止めます。大崎さんがいなかったら僕も辞めるので。うちの兄貴なんで。大崎さんがいなくなったら僕は(吉本を)辞めますね」と言い切った。

松本は自分が会社の上層部へ意見を伝えやすい立場としつつ、「僕らに言ってくれたらやるんだけど、今回みたいに最初にうそをつかれてしまうとそこで終わってしまう。橋渡しができない」と宮迫らが当初金銭授受を否定したことを残念がった。東野も「吉本が宮迫、亮の話を信じて動いたのも事実ですから、反省して欲しい」と続けた。