中西香菜、新曲披露しアンジュルム&ハロプロ卒業

アイドルグループ、アンジュルムの中西香菜(22)が10日、都内で行われたライブツアー2019夏秋「Next Page」最終公演をもってアンジュルムとハロープロジェクトを卒業した。

ライブ冒頭ではグループ初期の練習模様がVTRで流れ、中西の「不器用キャラ」を改めて思い起こさせる映像に会場からは笑い声があがった。映像の後にピンクの衣装に身を包んだメンバーたちが登場し、「タチアガール」を皮切りにグループ改名前に発表された初期曲で序盤を盛り上げた。中西もMCで観客の笑い声を「聞いてましたからね!」と言いつつ、「私らしく楽しい卒業公演になればいいかなと思います」とコメントした。

現在のグループ名「アンジュルム」は中西が考案して命名した。アンコール時にはグループ名の由来をそのままタイトルにした楽曲「天使の涙」が中西のソロ新曲として披露された。

中西は手紙で「これからもいろんな涙のストーリーがありますように。みんなのことを見守っています!」とメンバーやファンに対する思いを伝えた。中西はグループ卒業に伴い、芸能活動を終了する。今後について「新しい環境に飛び込み、一から頑張って新しい自分を見つけたい」と語っている。

その他の写真

  • 「アンジュルムライブツアー2019夏秋『NextPage』~中西香菜卒業スペシャル~」でパフォーマンスする中西香菜(中央)